別の美容師を指名しても良い雰囲気作り

別の美容師を指名しても良い雰囲気作り

お客さんにとって指名する美容師を変える事がその美容室との切れ目になってしまうのであれば、美容室も何らかの対策を講じなくてはならないのではないでしょうか。もしもたとえその美容師が指名から外れることになったとしても、そのお客さんが別の美容師を指名してくれるのであれば、その美容室全体の売り上げには影響はありません。ですがそのお客さんが指名を変えることに抵抗を感じて別の美容室へいってしまったのでは売り上げは落ちてしまいます。それを防ぐためにはお客さんに「もし今の美容師と合わないのであれば、別の美容師を指名してもらっても構いませんよ」という雰囲気をお店の中で作っておくことが大切なのではないでしょうか。日頃からたとえば「新人の子がデビューしたのですが、今度指名してやってくれませんか」といった声掛けをあえてしてみたりするのも良いかもしれません。指名を変更されても全く問題が無い、という事をアピールしておく、むしろそれも歓迎しています、という事をお客さんに伝える工夫をしておくとよいでしょう。そしてその言葉通り担当を外されたからと言って、決して嫌な顔をしたりしない様に、日頃からスタッフの教育をしておくことも大切なフォローであると思われますね。お客さんが今の美容師と合わない、と思い始めた時には美容室側はそのお客さんを失う危険性を察知しなくてはならない、と言えるでしょう。それはその美容師を指名する事を辞める、という事は、お客さんにとっては、もうその美容室には来ない、という選択をする事に等しい場合が多いからです。多くのお客さんは同じ美容室内で別の美容師を指名する事にとてもためらいを感じているようです。こんな思いをするぐらいならいっそ別の美容室へいってみようか、と思う人が多く、そこへたまたまクーポンなどでお試しの出来る美容室の存在があったならば、そちらへ行ってみる気持ちに傾いてしまう事でしょう。つまり美容師とお客さんの相性が合わない場合には、そのお客さんが近いうちにその美容室には来なくなってしまう可能性が高い、という事になるんですね。美容室側はそれを失客のきっかけとして察知しなくてはならないでしょう。ではどうすれば、そのお客さんにその担当美容とは合わなくても別の美容師と上手くやってもらう事が出来るのか、という事を考える必要がありそうです。多くのお客さんが指名を変更する事をためらっているのであれば、どれだけお客さんに気軽に別の美容師に指名を変更してもらえるか、という事がカギとなってくることになりそうです。美容師 高給与 中途 求人 海老名