美容師の能力と経営の能力のちがい

美容師の能力と経営の能力のちがい

全ての美容師が一定年齢になったから独立をしようと考える訳ではありません。美容師の中でも自分なりに「独立してもやっていける」という自身が無ければさすがに無茶をしてまで出店する人もいないでしょうし、実際に出店するとなるとお金もかかる訳ですからその用意が出来る人でなければ実際には出店は無理ですし、出店しても集客の見込みが無ければ経営困難になることも美容師なら誰もが承知しているはずなんですね。ですから本気で出店を考える美容師、というのはある程度今の段階で実力があり費用にも自分の腕にも自信がある美容師が考えることなんだと思うんですね。ところが案外そこに大きな落とし穴があって、美容師としての能力が優れている人が、すべて経営においても長けている、と言う事ではないんですね。どんなに美容師として実力があっても、それはお客さんが来るからこそ成り立つ話であって、そのお客さんをどうやって呼ぶのか、と言う事は別問題です。そこは経営能力の問われるところなので、その部分まで自らがやろうとするのであれば、当然ながら経営のノウハウ、アイディアなどにも優れていなくては成功はありえないでしょう。ですが美容師として実力があるだけで、出店してもやっていける、と思ってしまう美容師も多いのではないでしょうか。

 

客数の減少

 

そもそも美容室が閉店に追い込まれていく背景の一つには利用者の減少があると思うんですね。それはみなさんが美容室を利用しなくなった、と言う事ではなくて単純に利用する世代の人口が減ってきているからなんですね。大抵の人は独立するとごく一般的な美容室を開業します。いわゆる若者世代、オシャレに興味のある世代をターゲットにした美容室です。ですがその世代の人口はこれから減っていく一方です。先を見通す力のある人ならば、同じ開業するにしても福祉系の美容室とか、中年以降の世代をターゲットにした美容室を開業しているかもしれません。それと同時に言えるのはヘアケア製品が一般的にドラッグストアやネットショッピングで手に入るようになったことがあると思われます。顕著なのはカラーリングで、美容室で高い料金を支払ってほぼ一日かけて行うカラーリングが自宅に居ながら行う事ができますし、それにかかる経費は美容室へ行く事と比べるとかなりの安価で済ませる事ができます。これにより美容室から足が遠のく人、美容室へ行く間隔が長くなってくる人が出てくると思うのです。そういう時代であることもよく解ったうえで経営に乗り出さなくては、あっという間に閉店に追い込まれてしまう事になるでしょう。

 

オススメ求人サイト

 

高給与!柏で美容師の中途求人

美容師 高給与 中途 求人 柏

武蔵浦和で美容師の転職

美容師 転職 中途 武蔵浦和