肩書がもたらす満足度

肩書がもたらす満足度

美容室によっては各スタッフに色々な肩書が付いている事がありますよね。スタイリストであたりトップスタイリストであったりします。そしてお店によってはトップスタイリストを指名する場合には指名料金がかかったりします。トップスタイリストだからさぞかし腕の良い美容師なのだろう、と誰もが思う所でしょう。ですがこの美容師たちの肩書、というのは「これが出来ればスタイリスト」というような明確な基準が法律などで定められている訳ではないんですね。つまりその美容室によって基準が違う訳で、もしかしたら自分がスタイリストと名乗りたい、といえばそれが通用してしまうような事もあったりするのかもしれません。もちろん腕があるわけでもないのにいかにも上手そうな肩書を付けた所で、お客さんのヘアスタイルを作ってみれば上手いか下手かはすぐに解ってしまうものですよね。ですがその仕上がりに対して同じような仕上がりであったとしても、スタイリストに仕上げてもらった、というのと、トップスタイリストに仕上げてもらった、というのとではお客さんの満足度は違うのではないでしょうか。トップスタイリストなのにこの程度?スタイリストにしては上手!と言った具合です。特に指名料金を支払っているのであればそれにみあった仕上げをしてもらいたいと思うのは当然でしょう。

 

美容師の気づかい

 

美容師の皆さんと言うのはヘアスタイルに関してはしっかりと勉強してきているプロの皆さんです。ですから私達には解らないような事や出来ないような事を提案してくれたりケアしてくれたりするのが仕事ではあるのですが、そのプロのが良いと思う事とお客さんとの好みが必ずしも一致するとは限らないんですよね。私達はヘアスタイルを選ぶ時には割と直観的ですよね。「これ、かわいい!」と思ったら、それを自分に当てはめてみたくなるんですね。ですが色々な知識のある美容師の皆さんはもっと理論的なのだと思うんですね。たとえばお客さんの頭の形、髪質から判断して、どのスタイルが良いか、もしくは、やってはいけないヘアスタイルはどれか、と言う事を判断するのだと思います。そういうプロの知識で判断された場合に、美容師が良かれと思ってやっている事が、お客さんにとっては「そんなことはしないでほしい」という内容だったりもします。せっかくだからトレンドを意識したヘアスタイルにしてあげよう、と美容師の方は思うかもしれませんが、そんな事には全く興味のないお客さんもいます。オーダーされたヘアスタイルを作りながら、「もう少しこうした方が」と思う事がプロにはあったりするのかもしれませんが、お客さん側からするとそんなことは頼んでいない、となってしまう事もあるのではないでしょうか。

 

ピックアップ

 

町田で美容師の中途募集

美容師 業務委託 中途 求人 町田

美容師の中途求人なら横浜

美容師 業務委託 中途 求人 横浜

大人気表参道でも美容師の中途採用

美容師 業務委託 中途 求人 表参道