ニキビはどうして顔にできるのか

ニキビはどうして顔にできるのか

若い肌は再生力も高く美容トラブルに悩まされることは少ないように思えますが、若さゆえに悩まされるトラブルもあります。それがニキビです。皮脂の分泌量が多くホルモンバランスの乱れ安い10代、20代は特にニキビに悩まされる年代となります。ニキビの問題は顔にできやすいということがあります。衣服で隠せる首から下ならニキビができても気にしなくて済みますが、どうしても露出しないといけない顔にニキビができてしまうと一つでも気になってしまいます。なぜ顔にニキビが集中しやすいのでしょうか。ニキビの大きな原因は皮脂ですが、その皮脂の分泌量が一番多いのが頭で、次が顔です。頭にもニキビができますが、髪の毛で覆われているため気が付かないまま治ってしまうことが多いです。顔は頭とは違い守るものがなくむき出しの状態となっています。そのため外部からの刺激を受けやすくその刺激でニキビができてしまいます。大気中の埃や紫外線、何気なく手で触ってしまうのも刺激となりニキビができやすくなります。特にニキビができやすいのは額です。皮脂分泌量が多く髪の毛の刺激も加わりやすいためニキビのできやすい部位となります。顔にできるニキビを予防するためには皮脂の分泌量を抑えること、過剰な洗顔で皮脂を取り除きすぎないこと、刺激を買わえ過ぎないことが大事です。皮脂は多すぎても少なすぎてもニキビの原因となりますので皮脂が多いらといって神経質になって洗いすぎないように注意してください。男性受けのいいメイクにナチュラルメイクがあります。男性からするとナチュラルメイクというのはすっぴんに近く自然なメイクだから好きという人が多いわけですが、すっぴんに近い=化粧が薄いというわけではありません。もちろん手抜きをしたメイクとも違います。ナチュラルメイクとは素の状態を活かして、一見するとすっぴんにも見えるようなメイクのことです。すっぴんに近いメイクのため男性からは素顔がきれいと思わせることができ、肌にもハリやツヤがあって若さを印象付けることができます。あくまですっぴんに見せるメイクということでしっかりとしたメイクを施して完成するというわけです。ナチュラルメイクをするときにもシミやシワのケアやカバーをしっかりと行う必要があります。目の下にクマがあると気には目立たないようにすることも必要になります。素肌の状態を活かしてメイクをするため、素肌がハリと潤いを保った状態でないと自然なメイクをすることができません。メイクのやり方にテクニックが必要ですが、それ以上に自分本来の肌状態が大事になります。毎日のスキンケアでは保湿をしっかりと行い肌から水分が逃げていかないようにしておきましょう。ナチュラルメイクをするときには肌の色に合わせた化粧品を使いアイラインやチークも濃さに気を付けてみると自然な感じに仕上がります。はじめのうちは厚化粧になってしまうかもしれませんが、慣れていくと自然な仕上がりを意識したメイクができるようになりますよ。エステ 恵比寿 脱毛 プライベートサロン 口コミ 芸能人