シャンプーが別料金の店

シャンプーが別料金の店

みなさんが通っている美容室ではシャンプーはカットやパーマとセット料金になっていますか?もしもそうではなくてカットのみ、パーマのみ、の料金とシャンプーの料金が別々になっている場合、もしかしたらその美容室はあまりカットのテクニックに重点を置いていない可能性があるようです。というのはカットというのはシャンプーをしてきちんとそれまでのクセを取ってから行うのが本来のカットの方法の様なんですね。キレイに仕上げてあげたい、という気持ちが強い美容室であるならば、カットにパーマは欠かせない訳です。おそらくそういう美容室ではお客さんが「シャンプーは済ませてきました」と言ったとしてももう一度濡らしてクセを落とす作業をするでしょう。お客様にしてみればセット料金であるならば、もう一度シャンプーをしたからと言って損得とは関係ありません。ですがシャンプーを別料金にしていると、その時点でシャンプーをするかどうかはお客さんが自分で判断する事になります。美容師としてはその部分はお客様に委ねることになるのですが、少しでもうまくカットを仕上げようとするならばやはりしっかりと濡らす工程が必要になるようなんですね。ですからシャンプーが別料金のお店はそこまでこだわっていない、という可能性があるのかもしれません。一般的に言われているのは、お願いしたよりも短く仕上げてしまう美容師、というのはあまりカットが上手くない、とみなされているという事です。もっともこの事に関しては美容師にとっては難しいところもあるように思われます。それはお客さんが言っているスタイルの長さに仕上げるには、もともとカットできる部分がとても少ないとか、短すぎてこれ以上切ってもヘアスタイルが変わったようには見せる事が出来ない、というケースもある様なんですね。そのあたりはテクニックと言うよりはセンスとか判断の問題になってくると思うのですが、もしもセンスのある美容師であるならば、今のままの方が十分バランスが良いのであまりいじらない、という事をお客さんにちゃんと説明してくれると思われます。その時点でお客さんの要望を叶える事だけに必死になっている美容師だと、長さばかりにこだわってバランスの悪いヘアスタイルを作ってしまう、それを修正するために切っていると、段々と短くなって、お客さんにお願いされたスタイルよりもかなり短めなスタイルに仕上がってしまう、というミスが起こってしまうのではないでしょうか。ただショートカットの人に「揃える程度」と言われているにもかかわらず、明らかにさらにショートにしてしまう、というような美容師はちょっと問題かもしれませんね。門前仲町 美容院