シャンプー指名をしてみる

シャンプー指名をしてみる

美容師の皆さんにしてもらうシャンプーが気持ちが良い、とはいってもやはりここでも美容師とお客さんの相性というのも有るでしょう。美容師の中でも主にシャンプーを担当するのはアシスタントと呼ばれる皆さんですが、その人達のシャンプーが全く同じに感じる、というわけではありません。それぞれのアシスタントさんの手の大きさ、握力、動かしかたなど、人間の業ですから機会とは違って一様ではないものですよね。そして私達の感じ方も、強めのシャンプーが好みの人もいればあまり強くされるのは苦手な人もいるでしょう。私達にも無意識のうちに好みのシャンプーというのが出来ているんですよね。ですからよく美容室へ行くとカットやパーマのメニューを担当してくれる美容師は指名できますが、シャンプーに関しては手の空いているアシスタントさんが行う事が多いので、「あ、〇〇さんのシャンプーが良いのにな」と思ったりすることがありますよね。シャンプーの下手なアシスタント、全く気持ちが良いと思えないアシスタント、というのは滅多にいるものではありませんが、より気持ち良さを感じる事が出来るアシスタントさんは自分の好みでおのずと決まってきています。そういう時には「シャンプーは〇〇さんでお願いしたい」とシャンプー指名をしてみるのも良いかもしれません。せっかくのシャンプーですから極上の時間を味わいたいですよね。美容師の皆さんがやってくれるシャンプーが格別気持ちが良いのは、いろいろな物理的な要因もあるかもしれませんが、なによりも美容師の皆さんのそれまでの技術の習得に欠ける努力の賜物だと思うんですね。美容師のみなさんの多くは、美容室に就職してすぐにあしすたんとと言うポジションについてまずはシャンプーの練習をする、と言われています。そしてシャンプーに合格して初めて実際にお店でお客さんにメニューを施す事が出来るんですね。つまりどの美容師さんもまず最初の目標はシャンプーの合格であり、初めてお客さんに「ありがとう」と言ってもらえたメニューはシャンプーなんですね。美容師の皆さんにとってはとても思い入れのあるメニューだと思うのです。ですからどんなにベテランになっても好きな施術メニューはシャンプーだ、と言っている美容師は少なくないようです。そもそも美容専門学校で学んでいた人が殆どですから、そのころから考えるとかなり長い年数をかけてシャンプーの練習をしてきたことになります。私達素人と比べるものではない程に努力をしてきたに違いないのです。気持ちが良いのはそういう努力があってこそ、と言えるでしょう。確かに私達は美容師の手つきをまねる事は出来るかもしれませんが、それ以上の事はやはり無理ですよね。美容師 転職 中途 篠崎