湿度の低い春は肌の乾燥に注意

湿度の低い春は肌の乾燥に注意

冬が終わると乾燥の季節がやっと終わったと思う人もいるかもしれませんが、油断できない季節です。地域によって違いがありますが、春は乾燥しやすい季節で冬以上に乾燥する場所もあります。季節ごとの湿度の変化を見てみても、東京は1月が一番低く7月が一番高い湿度となりますが、日本海側の地域で1月が高く4月が一番低いというところもたくさんあります。天気が良く休日などは遠くに出かけるなんてこともあるかもしれませんが、地域によってはとても乾燥している可能性があるため肌のトラブルにも悩まされやすくなります。冬の乾燥する季節が終わったとしても湿度は急激に上がるということはありません。そのため乾燥の厳しい季節が終わったとしても肌に充分な水分が足りているかというと不足しがちになるため春は乾燥肌に悩まされやすい季節なのです。これから紫外線の強い季節になってくると肌にかかる負担は大きくなりますが、乾燥した状態の肌は紫外線のダメージを大きく受けてしまいます。冬が終わっても乾燥に悩まされているという人は夏に向けてしっかりと肌の状態を整えていくことが大事です。乾燥した肌に大切なことは保湿を行うことです。冬には保湿に対する意識が高くても春になると気が緩んでしまいケア不足になってしまいがちです。スキンケアをするときには保湿ケアに力を入れて乾燥に負けない肌を作っていくようにしましょう。紫外線対策も忘れずに行い肌への負担をかけないようにしていきましょう。紫外線を浴びることは肌にとってマイナスにしかならないと考えている人は多いかもしれませんが、人間の体には紫外線が必要です。特に美容を意識している人はただ紫外線対策をするというだけではなく適度に紫外線を体に取り入れていくようにしましょう。美容に欠かすことのできない栄養としてビタミンDが注目されていますが、このビタミンDは紫外線を浴びると体内で作られます。紫外線が肌に当たるとコレステロールがビタミンDに変化し体の様々な場所で使われるようになります。ビタミンDは特に骨を作るために必要となるため、子供に欠かすことのできない栄養といわれています。美容は肌の状態だけでなく骨格を整えることも重要なため、骨を丈夫にすることができるビタミンDは美しい体を作るためにも欠かせないものなのです。体に紫外線を浴びることでビタミンDは作られますが、紫外線は長時間当たっていると肌に様々なマイナス効果をもたらします。紫外線を体に当ててビタミンDが作られるまでには冬でも40分程度必要といわれています。夏ならもっと短くても大丈夫ですが、紫外線の量が少ない冬は少し長めに日光浴をしてみると十分なビタミンDが摂取できるはずです。日焼け止めを使って外出する前に少し太陽の光を体に浴びてから出かけるようにすると健康的で美しい体作りをすることができます。紫外線を避けてばかりいないで、適度に体に取り入れて体の内部から美しさを保てるようにしてみてください。美容室 江古田 美容院 パーマ 眉カット ヘッドスパ メンズ 人気