ターンオーバーについて知っておこう

ターンオーバーについて知っておこう

普段、美容で気にしている肌とは肌表面の非常に薄い部分です。スキンケアで改善しようとしている肌はとても厚い部分だと思っている人もいるかもしれませんが、実際には表皮と呼ばれる部分をケアして肌を整えているのです。表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4層構造でその厚さは0.3ミリメートル程度です。1ミリにも満たない部分が美容ではとても重要になります。周りから見て肌がきれいかどうかというのは表皮の状態によって大きく左右されるのです。表皮は基底層で作られた新しい細胞が徐々に上がっていき、一番外側の角質層にたどり着くとしばらくして垢となって剥がれていきます。この一連の流れをターンオーバーと呼び、このターンオーバーが正常に働いていると肌は特別なことをせずともきれいな状態を保つことができます。ターンオーバーは年代によってベストな周期が変わり、若い肌ほど周期が短くなります。10代なら20日、20代なら28日、30代なら40日といったように長くなっていき、60代になるとその周期は100日になるといわれています。こうしてみるとターンオーバーはとにかく短いほうがいいのかと思ってしまいますが、年齢にあった周期を維持していくことで様々な機能を果たす細胞が作られるため、短ければいいというものではありません。30歳になったのに28日周期のターンオーバーを目指しても肌は傷つくだけになってしまいます。ターンオーバーの正しい周期を理解して無理のない美容法を試していくようにしましょう。肥満はストレスと大きな関係があります。痩せたいのに思うように痩せていかないのはストレスが原因かもしれません。ストレスを感じるとなぜ太りやすくなってしまうのでしょうか。人間の体は自律神経によってコントロールされています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスを感じたときには交感神経の働きが鈍くなります。交感神経は日中によく働いていて、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。そのため自律神経が正常に機能している人は生活の中で脂肪が効率的に燃焼していき太りにくくなります。しかしストレスを感じて交感神経の働きが鈍くなると脂肪がうまく燃焼されなくなります。その結果痩せにくい体になってしまいます。さらにストレスを感じたときには食欲が旺盛になります。人間の歴史の中で飢えというものが生命にかかわる大きなストレスとなってきたため、ストレスを感じると自然と脂肪を蓄えやすく食べ物を欲するように体は作られてきたといいます。ストレスを感じて太るとストレス太りなんて言いますが、人間の体の機能としてストレスを感じることが太りやすさにつながっているわけです。ストレスを感じていても運動をして体を動かしてればカロリーは消費できると考えている人もいるかもしれませんが、失った分を取り戻そうと体が働いてしまうと思うように痩せていかないのは当然のことなのです。運動や食事制限を行う前にまずはストレスを発散、解消方法を考え直してみるといいですよ。ヘアサロン 調布 パーマ ヘッドスパ クーポン ランキング